読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達がいるのさ / エレファントカシマシ を聴いて思ったこと

【スポンサーリンク】

風

エレファントカシマシに友達がいるのさという曲があります。
昔の侍でも聴くか~と思ってYoutubeを見てると関連動画に「私に鬱病と戦う力をくれた曲」というタイトルの動画があってクリックしてみるとこの曲でした。

この友達がいるのさ、発売当時聴いたときは正直あんまりだな~と思いました。(ライブDVDがついてたのでシングルは買ったけれど)
このシングルを出す前のアルバム扉が割と渋い路線であんま売れなかったっぽいので、漠然と前向きな歌詞の曲もってきたのだな~とか思ってました。

ところが今聴いてみるといい曲!特に歌詞がいい!

歩くのはいいぜ!
俺はまた出かけよう あいつらがいるから

究極的にはこの2行しか言ってない歌詞だと思うのですが、ひきこもりはなぜ「治る」のか?という本があって(これもかなりいい本でした)この本に書かれていることはそのままこの歌詞になってますね。

最初聴いたときはふんわりと前向きであんまり好きじゃないな~と思ったのにこんなに違う風に聞こえてくるとは。「俺はうまくやるさ」という歌詞もエレカシ節でいいな~と思いました。

この曲は遁世へのアンサーソングというか対になっている曲というか、ひきこもりの人が回復する歌だったんだと思いました。


友達がいるのさ
遁世