読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WIRE COMPILATIONシリーズ全曲レビュー(2013年Disc1編)

【スポンサーリンク】

WIRE 13 COMPILATION

 

WIREコンピレーションですが、古いのばっかり聴くのもどうなんだろうと思ったので2013年版も聴いてみました。最近のCDだとやっぱりお財布に厳しいですね><

2枚組なので今回はDisc1だけ。

 

1. Ken Ishii / Serial Puncher(新曲)

ケンイシイ。地味な感じの曲。

2. Len Faki / BTX1

これはあんまりでした。

3. 2000 and One / Toronto

割と好きな感じでした。昔っぽいというか90年代テクノっぽい気がしました。

4. Bart Skils / Hypnotizing

可もなく不可もなくな感じでした。

5. Philipp Gorbachev / Last Days Of The District

キック+ベース+アカペラな感じの曲。いまひとつでした・・・。

6. Pachanga Boys / Speedo And Boots

ちょっとエレクトロニカっぽい感じの曲でした。好きな感じではありました。

7. Giorgio Moroder / Chase

レトロなシンセによる割とハウスっぽい?感じの曲ですが僕はあんまり好きな感じではありませんでした。

8. Takkyu Ishino / Jack Wire(新曲)

毎回入っている石野卓球曲ですが今回のはイマイチかも。

9. Beroshima / the 15th dimension(新曲)

これが今回はヒット曲でした。ここまででは一番好きかも感じでした。2:45~の流れがかっこいいです。

10. TAKAAKI ITOH / DISSOLUTION(新曲)

知らない人だったんですが、これもいい曲でした。ミニマルな感じ。

11. Westbam / You Need The Drugs

このシリーズ常連のWestbam。今回は普通にボーカル曲でした。